日記をつける

アメリカに来てそろそろ1ヶ月。
いつかはやってやろうと心に決めていたブログを始めようと重い腰を上げることとします。

日記って何だか昔から苦手でした。みなさんはどうですか?
自分の気持ちを言葉にすると、なんだかそれが純粋な気持ちではなく
ただの紙上での表現になってしまう気がするのです。
誰も読むはず無いのに変に格好をつけてしまったり。ぷ。

     こんな私がなぜブログ?

アメリカ出発前、部屋の整理をしている時に一時期だけつけていた日記を発見。
掃除そっちのけで読みふけると、当時の考えや感情なんかを思い出すことができました。

     「日記ってええなぁ~」  

例えそこにちょっとした脚色や正直ではない気持ちが書かれていたとしても、
懐かしく読みふけるには十分なものでした。

単純だと思うけれどこれがブログ開始の動機。
いつかこのブログを読み返して、こんなこともあったなぁと感慨にふけるのもいとおかし。
毎日とはいかないだろうけど可能な限り書き続けていこうと思います。


ちなみに一時期つけていた日記は大学1年のころの日記。懐かしい。
[PR]
by wind-of-Michigan | 2005-10-18 23:26 | 日常


<< 命がけのドライブ