あぁ。日本食。

こちらに来てから日本食の素晴らしさにやっと気づかされました。
味噌汁・豆腐・焼き魚に納豆。なんてヘルシィなの。

アメリカにももちろん日本食材店はあります。
でも大抵コリアンとかチャイニーズの食材店の一角にひっそりあるって印象。
多分大きい街とか都市に行けば純粋な日本食材店はあるんだろうけど。

品数もなかなか豊富。
難点ノド飴なのはマニアックなものがないこと。
コンビニでよく売ってる大好きな「ファンシー」なんてもちろんナシ!
ちくしょう。

それからこんな難点も。
ミシガンは海に面していないので、新鮮な魚がまず入手不可能。
手に入ったとしても何だか怖くて刺身にできず。
鉄火丼が食べたいよー。うぅ…。

そして一番大きな問題。それは…。

   とにかく値段が高い!

例えば味噌汁と納豆を食べたいなぁ~って思ったら…。

納豆。2個パックで$2 ←230円
味噌(ノーブランド・500g)。$3.65 ←420円
豆腐(ノーブランド)。一丁$1.4 ←160円
エノキダケ。$3.50 ←402円

ってかエノキダケの値段ありえない!
日本だったら2つで100円とかでしょ。
きのこごときに400円も流石に出せない貧乏人。

e0086905_14453891.jpg



← 我家で使っている豆腐。
   特においしさは感じられない一品。








先日、マーケットを物色していたら何と白菜を発見!
「わ~白菜じゃ~ん!今日は鍋にでもしようかな。るんるん!さてお値段は…?」

   10ドルな~り~。

白菜10ドルってどういうこと…?1150円ですよ。
しかもアメリカのマーケットにある白菜は日本のよりもちょっと小ぶりなんですよ。
どれだけ高い鍋になるんじゃっ!


とにかく日本で当然のように食べてたものが食べれなくなり軽いストレスに。
でも。でも。。。こんなのまだまだ可愛い話らしい。
先日アパッレな話を聞いてしまった。

アメリカに来る前、ベルギーに5年住んでいたという方と知り合いになりました。

「アメリカは結構安く日本食材が手に入るからいいよね。」
「えっ?そうですか!?」
「だってベルギーなんて、

   豆腐500円もしたもん。しかも車で2時間かけて買いに行ってたよ~。」

世界は広い。
私って恵まれてる方なのね。
まだまだ生まれたてのピヨッコな私でした。

合掌。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-09 15:20 | 日常


<< もうすぐ。 勝敗のゆくえ >>