もうすぐ。

最近ちょっぴり寒くなったミシガンでございます。
高速を走っていたら車が滑る滑る。
さながらフィギュアスケートのようでした(時事にかけてみました。くすっ)。

さてみなさん。もうすぐ2月14日ですね。
そう!

   大関・武双山正士力士の誕生日!

33歳おめでとうございます。


…はい。そうですよね。バレンタインですよね。ごめんなさい。

今年は誰にあげるか決めましたか?
超有名店で購入するも良し・手作りも良し・お取り寄せも良し。
世の中の女の子が浮き足立つ日が今年も近づいております。

実はアメリカでは立場が逆。
男の子が女の子に愛の告白とプレゼントを贈る日なのです。
こりゃラッキ~。ぐふぐふ。アメリカ万歳!

この事実をつい最近まで知らなかった私。
街のバレンタインコーナーに並ぶピンクのテディベアを見て
「アメリカの男の子はえらく可愛いものを欲しがるんだな。(きもっ)」
なんて思ってました。

アメリカでは男の子は女の子にチョコレートと花を贈るそう。
2月14日は街の至るところで

   男祭り in 花屋

が繰り広げられるという噂。
花屋に近寄るのは辞めておこう…。


昔から私はバレンタインとかクリスマスとか、
行事関係には非常に無頓着な女でした。
平気でバイト入れたり仕事してたりしてました。
面倒くさいとかそういうワケではないんですけどね。

確かにそういった行事は、これから行動を起こそうとしている人には良い機会。
自分の気持ちを伝えるにはバレンタイン・クリスマスはおそらく最高のタイミング。

でも、既に愛する人が傍にいる人は
行事云々よりも一緒に過ぎてゆく毎日が大事なのでは。
お互いに「今日は最高の一日だったよね!」と言い合える毎日。
これに重きをおいた生活を徒然なく過ごす。


そんな人生を送りたいもんです。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-12 13:16 | 日常


<< カルチャーショック Vo.2 あぁ。日本食。 >>