これも人生

引越しすることになった。


アメリカに来て6ヶ月。
たった半年過ごしただけのアパートでも、いざ離れるとなるとすごく寂しい。
テラスからの夕日とか、池に集うグースを見て
徒然なく過ごす毎日に終止符を打たねばならない。


去年の暮れにオーナーが解雇。
その時は「ふーん」という感想だったけれど、新しいオーナーが相当crazy。
3週間前オーナーから 立ち退き要求 の封書が全住人に配布されました。
どうやらレンタルをやめて、分譲マンション形式で売りアパートにしたい様子。

その1週間後、立ち退きに関して住人説明会があったんです。
もうね。テンデお話にならない。説明会なのに詳しい説明全くナシ。
住人はブチ切れるし(当然か)、オーナー側はノラリクラリという感じだし。
超・超・超険悪な説明会で、いつ殴り合いが起きてもおかしくない状況にまで発展。
本気でキレるアメリカ人って相当怖い。

オーナー曰く、

   リフォームしたいから、長く住まれてもこっちも困るんですわ。
   なので次の契約までには出て行ってね~
   あ、ちなみに引越し費用は負担しないからね。ヨロシク。

とのコト。

アメリカのアパートの契約は1年契約がほとんど。
契約が切れると再契約をして、1年また暮らすことができるというシステム。
我家は契約期限が5月。

えっ?ちょっと待って。ってことは…。
新しいアパート探して契約、荷物のパッキング、荷物の運び出し、住所変更通知提出。
(郵便局・ガス会社・電話会社・カード会社・保険会社・学校………モロモロ)
この気の遠くなるような作業を

   あと1ヶ月半でしなくてはならないってこと?

はぁぁぁ。 気が狂いそう。


私はいつか日本に帰る身。
アメリカにいる間に引越しするなんて夢にも思わなかった。
日本にもって帰る予定のないちょっとした家具は、
この部屋のサイズに合わせて買ったものばかり。
引越し先のアパートに入らなかったら、全て買い換えなければならない。
しかも引越し費用は全て自分持ち。
イタイ。イタ過ぎる。

金銭的なことばかりじゃあない。
ここには私のお気に入りがたくさんあったのに。
近所に住んでるワンコをからかったり、夜の静寂さを感じ取ったり、
夕日を見ながら夕食の準備をすることが大好きだった。

でも引っ越さないといけない。ここでの生活を終わらせないといけない。


あぁ!暗い!暗いゾ!ワタシ…!
そうだ!渡米時に決めた「何事も楽しむ!」に沿って、引越しも楽しみに変えよう!
そして2ヵ月後には「引っ越して本当に良かったー!」って言ってる自分を想像しつつ、
アパート探しの毎日を送ろう!
うん!そうしよう。そうだそうだ。……と自分に言い聞かせてみたりして。

こちらに来てから理不尽なことは結構経験したつもりでした。
でもまだまだ私はピヨッコだったみたい。
これも人生。何とか乗り切ろうと思います。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-03-21 05:44 | 日常


<< 浦島太郎 アメリカンサイズ >>