イタリアの中心で悲劇を嘆く 事件編

えー、皆さん。これまたお久しぶりでございます。
ジンギスカンと梅酒好きな友だちに「早く更新しろっ!」とありがたいお言葉を頂戴いたしました。
スミマセン。風邪がぶり返したワケでも、そこらの道端でのたれ死んでいたワケでもなく…。

   狂ったように遊んでました。(イヤ実際狂っていたかも)

ひょっこり旅行にも行ってました。
World Cupで狂喜乱舞のイターリアです。

いやー。イタリア最高!!
青い海・白い雲・・・。
海辺でパスタを食べつつワインを呑む人々。
ローマ帝国の強大さを思わせる遺跡の前で、想いを馳せる人々。

   パスポート失くしてボーゼンとする私たち・・・。


やっちゃいましたよ。今回も。
しかも旅先では命の次に大切なパスポート失くしちゃったよ。コレ。
いやはや、今となっては笑い話だけれどその時は地獄の入り口まで来てました。
最悪アメリカには帰れないって所まで来てたモンね。
コトの顛末をチト聞いてくださいよ。

今回の旅行は、カプリ島→ローマ→フィレンツェ→ヴェネチア→ミラノ。
この行程で進んで行く予定だったんです。
そしてパスポートはカプリ島で紛失。ってか早速紛失してるやん。

紛失といっても、ひったくり詐欺に遭ったとか、オレオレ詐欺に遭ったとか(コレ違う)じゃあないんです。
皆さん知ってました?イタリアってホテルに滞在する際にパスポートを提出するんです。
イタリアどころかヨーロッパは今回が初めての経験の私たち。
変わった風習だなーなんて軽く考えて、モッツァレラチーズを貪り喰ってました。

さて次の日、Checkoutです。
ここで私たちのイタリア悲劇が始まったんです。ブルータス、お前もか…!!←これイギリス。
何とビックリ玉手箱! 私たちにパスポートを返すのを忘れたホテルマン。
パスポートのことなんかスッカリ忘れて意気揚々とカプリ島を脱出する私たち。
あぁ・・・!!馬鹿バカばか!うましかウマシカUMASHIKA!!

パスポートが無いことに気が付いたのはローマの駅。
流石に血の気が引く私たち。
とりあえずホテルに忘れたのかも…。電話してみよう!

   あ~。パスポートね。あるある。で、いつ取りに来てくれるわけ?

何?この上から目線。

確かにね。すぐに気付かなかった私たちも悪いよ。
でも元はと言えばお前が返すの忘れたんだろーが!! ぶぉけっ!!

「ぶっちゃけアンタの失態じゃん。ローマまで持って来てよ。」
「それはできない。」
「はぁ?いいから持って来いや~!!」 ←ブチ切れ状態。
「じゃあメールで送ってあげるよ。3日で絶対着くよ。」
「・・・・・・・本当に3日?」
「絶対!!」


この「絶対」に騙されて翻弄させられたイタリア旅行…。
あの時、イタリア人なんかを信じないで取りに戻れば良かった。
こんな結末が待っているとは・・・ね・・・。ハハ・・・。


結末まで書くとあまりに長くなるので次回のお楽しみ。
コホン。ではドラゴンボールZ並みの次回予告を一発。

次回は大波乱に満ちたクライマックス!!
パスポートを手にして天下一舞踏会(古い!!)アメリカに行けるのか!?
来週も絶対見てくれよな!

e0086905_12172916.jpg












  
↑ カプリ島からの眺め。THE イタリアって感じですな。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-07-07 12:24 |


<< イタリアの中心で悲劇を嘆く 途... 666 >>