ご老体

みなさんは「フラッシュダンス」という映画をご存知だろうか。
アメリカ人がとり憑かれたようにエアロビをするアノ映画である。

私は残念ながらオンタイムでは見れなかったけれど、
ビデオ屋さんで借りて来て拝見したことがある。

衝撃的だったのは、ストーリーよりもエアロビする格好。
ねぇ。おかしくない?そのタイツ。
ねぇ。気にならない?その頭に巻きついてるタオル生地のバンドらしきモノ。
アメリカ人って本当にこんな格好でエアロビするん?
長年の疑問の1つだった。

   解決!!・・・本当にアメリカ人はそんな格好でエアロビをする!!

実は先日、エアロビ初体験しちゃった私。
今更エアロビかよ。今はYOGAだろ、YOGA!って多くの人から
ピー子顔負けの辛口コメントをありがたく頂戴いたしました。
でも残念ながらワタクシ、体の硬さでは右に出るものはいないんですの。
YOGAなんてやったら腰の骨折れます。

そんなこんなでエアロビクラスに潜入してまいりました。
朝9時半からエアロビって・・・と悪態をつきつつ、ドアを開けてボーゼン。

   服装が・・・服装が・・・服装がーーー!!

おそらく口がポカーンとなっていたでしょう。あわよくばヨダレも出てたかも。
もちろん普通の格好してる人もいましたよ(例えば私とか、私とか、私とか)。
でも多くの人はさながらフラッシュダンスの役者さん。
アッパレ! アメリカ人!

さて、初体験のエアロビ。
音楽をガンガンかけて、踊るわけですが。

   先生に注意されまくり

ワンテンポもツーテンポも遅れを取る。
先生、私だけに注意。

一人だけ違う動きをしてしまう。
先生、また私だけに注意。

みんなと違う方向向いてる。
先生、最終的にマイクを通して注意。

挙句の果てには、要注意人物として先生にチラチラ見られてました。
おかしい・・・。大学時代音楽サークルにいたのに・・・。
このリズム感のなさってなんじゃらほい。

しかも最悪の事件が発生。
アメリカ人の服装よりも衝撃的。

私が参加したエアロビはちょっとした段差を利用して、踏み台昇降運動しつつという方法。
陸上部時代、階段を駆け上って足を鍛えていた頃の古傷が痛む・・・。
この痛み、尋常じゃない。もしかして。もしかして・・・!

   エアロビやって肉離れ起こしちゃった

・・・・・・・・・ばか。

階段上り下りでの体力作り中、肉離れ(中等症:レベル2くらい)を
起こしてしまった若き日のアタイ。
肉離れって1回やってしまうとクセになるらしい。
陸上部時代は電気治療で治したけれど・・・。
アメリカってそういうのあるの?

はぁ。昔やった時よりは軽度だろうけど、最悪病院に行かないとな・・・。
先生に何て言い訳しよう。
流石に「エアロビで肉離れしちゃった」は恥ずかしいもんな。

Tour de Franceに出てましたって言おうかな。
でもアレ1ヶ月前だしな。
Winbledonに参加してましたって言おうかな。
これも1ヶ月前だな。


あぁ・・・!
恥をさらす前に治っておくれ!!
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-08-12 09:42 | 日常


<< 友、来たる フロリダにて >>