友、来たる

つい先日、大学時代からの大親友が遊びに来てくれました。
4日間という短い滞在期間だったけれど、非常に楽しかったデス。

日本で学校の先生をしている彼女。
夏休みとは言えど、先生は業務が山積み。
日直・プール当番・動物の餌やり当番・花の水やり当番などなど。

そんな忙しい日程を調整してわざわざ遊びに来てくれました。
やっぱり持つべきものは友ですな。サンキュー!!

忙しい毎日を送る彼女にミシガンを満喫して欲しい!
そうだ!ここは自然の豊かさでは右に出るものはない!!
うるるん滞在記顔負けの自然探検記でもてなそう!
ってなわけで公園へ繰り出すことに。

まず最初は、彼女の熱い希望を採用して釣りへ。
釣り名人に指導を受けつつ、魚との一騎打ちに集中する彼女。
その気迫がこっちまで伝わってくるくらい。

そんな彼女。頑張っている。非常に頑張っているのだけれど。
木に釣り糸を引っ掛けてギョエーとなったり、
あとちょっとで釣れる!って時に、魚の姿にビビッタのか、
これまたギョエーっとなって獲物を逃したりしておりました。
釣りって難しいのね・・・と肩を落として釣り終了。

次はカヌーに挑戦。
威勢よくスタートして、掛け声も元気に「catch-row, catch-row!!」

30分後。
「ca...tch-ro..w, ca.......tch-row.......」
疲労のため、すでに死人状態。
カヌーって疲れるのね・・・と肩を落としてカヌー終了。

この日、気が向いたらブルーベリー狩りでも行こうか、なんて言っていたのだけれど。
あまりの疲労度に家に帰って昼寝に勤しむ私たち。
年にはかないません。

そんなこんなで自然を大満喫。
あまりに都会的な遊びができなくて、
「ゴメンね。田舎すぎでしょ。」と謝ると、「え?すっごい都会じゃん。」と彼女。

実は彼女、4年前にとある北の方の街(村?)に留学しておりました。
今回の訪米は当時のHost Familyに会いつつ、ミシガンにも立ち寄るというモノ。
どうやら留学していた所の方が、かなりの田舎っぺ大将だったらしい。

空港まで車で3時間(しかも隣の州)、一番近いスーパーまで車で15分。
その州の名前の由来は、フランス語で"緑と山"。
北部に加えて山地のため、冬の厳しさが尋常ではないらしい。

留学が決まったとき、彼女はアメリカの友人に留学の話をしたらしい。
そのアメリカ人は真面目な顔、そして神妙な面持ちで彼女に一言。

   「鼻毛凍るよ。」

うーーん。ミシガンって恵まれてたのね。

e0086905_1016585.jpg
















釣りに興じる彼女。この写真の次の瞬間、獲物を捕り逃す。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-08-19 10:22 | 日常


<< 近況報告 ご老体 >>