THE ACADEMY AWARDS

一昨日、ハリウッドでAcademy賞が発表されましたな。
今年は作品賞に「硫黄島からの手紙」、菊池凛子さん助演の「バベル」がノミネート。
ちょいと気になったので、Academyをテレビでダラダラ見ておりました。

まぁ、結果から言います。
作品賞の「硫黄島からの手紙」、「バベル」共に賞を逃し、
助演女優賞ノミネートの菊池凛子さんも賞はとれず、
日本勢にとっては残念な結果になりました。
どんマイケル!!

それにしてもAcademy賞をテレビで鑑賞するってのは アレ やね。
なんちゅうの?正直、退屈っちゅうの?
確かにスターのドレスとか、見所はたくさんあるんだけれど・・・ね。

午後3時。出席者が会場にわらわらと到着します。
いわゆるRed Carpetを颯爽と歩いてインタビューされるわけですが・・・。
この時間の長いこと長いこと。
延々2時間、Red Carpet Showを見せられました。

そして5時に授与式開始。
「やっと始まったがな・・・。」と思いきや、司会者がこれまたしゃべるしゃべる。
(今年の司会者は女性コメディアン)
さんま顔負けにしゃべくり倒すこと25分。もうお腹いっぱい。
授与式よりEntertainment Showのが長いってどんなん?
納得いかない疲労感の中、授与式見てました。

こんなAcademy賞でも、1つだけすごいもの見せてもらいました。
Beyonce & Jennifer Hudsonの夢の競演。
コレマジですごいです。

Jennifer Hudsonは2年前、あるオーディション番組からデビューした女性。
今年の助演女優賞を受賞いたしました。
しかもこの人、Golden Globe賞も受賞してるときたもんだ。
ノリにノリまくってます。

そしてBeyonce。
歌唱力があるのは知ってたけど、ここまで自分を表現できるとは・・・。
驚きを越して圧巻でした。

髪の毛が寝癖で「びよ~ん」となってる友人に向かって
「髪がビヨンセしてるよ」っていう使い方してごめんね。

悪気は一切ありませんでした。大変申し訳ありませんでした。
[PR]
by wind-of-michigan | 2007-02-28 08:02 | 日常


<< マジでバクギレ5秒前 生きてます >>