マジでバクギレ5秒前

いらいらいら。
イライライラ。
苛苛苛。
適当なアメリカ社会に、広末並みにマジでバクギレ5秒前です。

実はですね、最近ある事件が起こったんですよ。
私が住んでいるアパートのマスターキーが盗まれちゃったんですね。
まずこの時点でアパート管理の適当レベルMax。

何と不幸なことに私の友人宅に空き巣が入ってしまったんですよ。
NotePC・DVDplayer・PSPなど、軽くて高価なものばかりパクられたんですわ。
この事件が先週の月曜日。

普通マスターキーが盗まれたら、住人に電話・文書でお知らせするよね。
officeから連絡がきたのは4日後の木曜日。
報告義務の適当レベルMax。

しかもその間にもマスターキーを使って空き巣に入られること6件。
事件対策の適当レベルMax。

で、連絡があった次の日の金曜日、怠慢なofficeに腹が立ち、
部屋の鍵を早急に取り替えろと圧力をかけてみたんですよ。

土日を挟み、月曜日。
だーーれも鍵替えに来ませんよ。
まぁ、こんなことで文句は言いません。慣れました。
職務遂行の適当レベル1。

火曜日。待ち人来ず。
早く来て鍵を替えてくれないと、心配で外出できないのですが・・・。
職務遂行の適当レベル2。

シビレを切らして、同じアパートに住む友人に「鍵替えてもらった?」と聞くこと4件。
全員「替えてもらったよー。え?替えてもらってないの?」
職務遂行の適当レベルMax。ついでに私の怒りもMax。

またofficeに電話で圧力をかける。
明日(水曜日)の9時から10時には必ず行きます、とのこと。
信じてみる。

今日(水曜日)、体調が悪くて寝ていた私。
まぁ、9時から10時ってことは12時くらいにくるんだろうな。
もうちょっと寝てやれ。

ドンドンドン!! ドンドンドン!!
「ちわ~。officeでーす。」
8時にいらっしゃいました。

えーえー。もちろん約束の時間じゃない!なんて追い返しませんよ。
ここで追い返したら次いつ来るか分からないですからね。
パジャマ姿で出迎える健気な私。

一般的に、鍵を替えるときの工程って、
1 古いドアノブを取る。
2 新しいドアノブを付ける。
ですよね。超簡単。

私の家に来たofficeの人。
工程1をやって「2時間後にまた来るわ」って帰っちゃった。

   え・・・?

あまりの手際の良い帰りっぷりに呆然としてしまい、文句も言えず。
ってかさ、2時間ドアノブ無しなん?
出かけられないじゃん。まぁ、今日の予定は2時からだから良いけどさ。
住人に対する姿勢の適当レベル1。

イラつきつつも2時間後に来てくれるだろうと、体調が悪いのを押し切って頑張って待つ。
待つ。
待つ。
待つ。
来ませんよ。コレ。
住人に対する姿勢の適当レベル2。

確かにね、私にも短気な部分はあります。
小学校の通知表に「もうちょっと我慢できる女の子になりましょう」って書かれたし。
でもさ、12時半になってもドアノブが来ないんですよ。
ドアノブ無し生活4時間半ですよ。
キャンセル待ちでやっと取った病院のアポまであと1時間半なわけですよ。

こりゃーブチギレるしかないと思って、officeに抗議電話。
そしたら即効でドアノブ付け替えに来たんですよ。
何だよ!こんなすぐ来れるんかよ!だったら最初から来いや~!! ムキー!!

そしたらですね、いきなり「ちょっと待ってて」ってどっか行っちゃうんですよ。
こっちはもうかれこれ5時間待ってるんですけどね。
あと40分くらいしたら病院に向けて出発しないといけない。
もうこの時点で私の焦りと怒りは最高潮ですよ。

あまりに遅いから、何してるんだ!?と思って外を見たんですよ。
そしたら、

   お昼ご飯食べてる。

・・・・・・ふっ。あはは。わははははははっ!!
絞め殺して良い?


結局1時半きっかりにお待たせーってな感じで、新しいドアノブに交換終了。
しかも付け替え時間、わずか3分。
こんな短い作業なら昼飯前にやってよ・・・。まじで・・・。
住人に対する姿勢の適当度Max。・・・頭イタイ。

最後は呆れてしまって、怒りどころか笑いがこみ上げてきましたよ。
こんなんでいいの?アメリカ。
本当にやっていけるの?アメリカ。
アメリカには色々ビックリさせられるわ。ホント。
[PR]
by wind-of-michigan | 2007-03-08 11:56 | 日常


THE ACADEMY AWARDS >>