カテゴリ:英語( 7 )

単位取得!

一昨日私の通っている学校でFinal test が行われました。
「勉強したんだかしてないんだか…どっちやねん!!」の状態で挑んで参りました。
(案の定中途半端な勉強量で行った私。学習能力まったくナシ!)

Finalは問題数が多いため、3時間与えられます。
テスト前は「3時間て…。ぷっ。そんなにかかるわけないし。くすくす。」とセセラ笑ってました。

   きっちり3時間テスト受けてきました。しかも最後まで残ってたの私だけ。

ままままぁ、早く提出すれば良いってもんじゃないしね…!!!

こんな私でも単位を取ることができて感謝感激ヒデキ感激でございます。
最後の授業である今日は、みんなで食べ物を持ち合ってささやかなパーチー。
クラスメートが作ってきたト○コ伝統料理は 「・・・」 だったけれど
非常に楽しかったデス。

振り返るとまぁ辛い日々でした。
私がその学校で「心理学」とか「経営学」といった講義を取るためには
まずEnglishクラスである程度の単位を取る必要があります。
(英語が母国語ではない人は必須の単位)

先生は将来的に私たちが普通の授業を受けても大丈夫なように
英語をゆっくり話したり、分かり易い単語を使ったりなんぞしません。
ほんっとにビックリするくらい気を使いませんよ。コレ。
まぁ放任されたおかげで、アメリカで生きていく術を学べたような気はします。



ってもう英語の単位取り終わったような口ぶりで話してるけど、

   英語の取得必須単位、あと15単位な~り~

早く普通の授業を受けれる人間になりたぁ~い!
(さながら妖怪人間のように!! さんはいっ!)
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-04-28 09:04 | 英語

なんちゅーか…。もう…。

非常に忙しい1週間でございました。
今まで自分がアメリカでどれだけグータラ人生を送ってきたかちょっと分かったかも。
人間動かんとダメですな。ふむふむ。


今さっきまたアメリカの理不尽な場面に出くわしてしまったんです。
ちょいと聞いておくれよ。
実はアタクシ、来週デトロイトで行われる
シンポジウムの受付をやることが決まっておりました。

車関係のシンポジウムで日本人50%、アメリカ人50%という比率。
そのため日本語がしゃべれる受付の人が欲しいと友人に頼まれまして。
いい経験になると思って快諾したんです。

先日、日本人ガイドを探している団体に連絡して、
住所とか電話番号とか、自分の情報を伝えたんですわ。
そしたら相手が「月曜日に詳細を伝えるために電話するね~。」って言ったんです。

月曜日になりました。
もちろん電話は掛かってきません。
こんな軽ぅ~い裏切りは慣れております。ハイ。
「何でかけてこないのよっ!?」なんて怒りませんよ。
日常チャメシ事です。

待ちました。え~、待ちましたとも。1週間待ちました。

   かかってこないんだよね。コレが。

来週からシンポジウムだし、そろそろヤバイなぁと思って、
さっき電話したんですよね。その団体に。
そしたらね、もう、こんなこと言い出すんですわ。

   あなたの電話番号無くしちゃったんだ~。だから電話できなかったの☆

まぁ、人間には誰にも失敗はあるからしょうがないよね。
そうか。電話番号無くしちゃったの。そりゃ掛けれないよね。
しょうがないしょうがない。

   でも私の友人に連絡してアタイの連絡先聞けばええやん…。

友人もこのシンポジウムで通訳する予定だったんです。
で、相手先も私がその友人と知り合いってこと知ってるんですよね。
何故そこまで考えが回らないのだろう…。

でね、ここからが「ビバ☆アメリカ人!」
私が「じゃとりあえず何時にデトロイト行けばええのん?」って聞いたんですよ。
そしたらね、言っちゃったよ。言い放っちゃったよ。

   もう他の人に頼んだからアンタ来なくていいわ。

もうね…。目がテン。
自分の目がタイコさんくらいつぶらな瞳。

日本語だったら結構オブラートに包んだ言い方するよね。
「非常に申し訳ないんですが、代役を立てさせて頂きました。」とかね。
でもね英語だから超ダイレクト。

   I don't need you any more.

こんなこと言われたんですわ。立ち直れない。
私は必要じゃないんですと。
もうイラナイ子なんですと。
あ、そ~う。そうですか。へー。


今日の午前中、一緒に参加する友人と往復2時間かけて
デトロイトの会場まで下見に ワザワザ 行ってきたんだよね。
何?この取り越し苦労。何?この裏切り。


今日はもうね、不貞寝決定。
何て言うかね…。ふっ。はははっ!

   笑えてくるわ!


e0086905_752439.jpg












本日のデトロイト。
この写真撮ったときはこんなオチになるとは思わなかったな…。ふっ。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-03-31 07:58 | 英語

懐かしい感覚

とうとうこの時が来てしまった。
明後日の木曜日、通ってる学校の中間テストが催されるのデス。

勉強しないといけないのに、X-Fileに見入ったり、
普段読まないような本を買ってきて読んだり。。。

試験前なのに部屋の汚さが気になって気になって集中できなくって、

   夜中なのに部屋の掃除しちゃった~っ!へけっ!

ていう中学生みたい。ってか過去のワタシ。

あぁ~!早く勉強に取り掛からないと地獄を見る!単位がもらえない!
確実に棺おけに片足を突っ込んでいるというのに、取り掛からない自分って…。
しかも無意味に余裕かましてる…。恐ろしや…。

このテスト前の「勉強しないといけないのにしていない。でも余裕。」
という訳の分からない感情ってすごく久しぶり。
中高生のときはテストの度にこの感情味わってました。

しかもタチの悪いことに、高校時代はテスト前日なのに親友に電話をかけて
「何で日本はテストがあるんだろう!?ウンヌンカンヌン…。」と愚痴ってました。
私は…アホか…? 過去の自分に飛び蹴りを喰らわしたい…!
(M~る、その節は迷惑かけてごめんなさい)

大学時代はレポート提出前日まで「余裕余裕ー!」と遊び散らかして
提出3時間くらい前に半泣きで書いてたっけ…。
卒論・修論も提出1週間前は睡眠時間2時間くらいだったな…。
しかも研究室のソファーで寝たな…。

毎回「次からは計画をしっかり立てて行動しよう!」と決意するんだけど
1時間くらいで決意を忘れて、
   
   うっほほ~い!

ってなってたな…。阿呆だ。ハハ…。

それから大分大人になった今、結局昔と変わらず
ギリギリまで勉強しないワタシなのでした。
明日の今頃、半泣きで鼻水垂らしながら、周りに当たり散らかしながら
勉強する自分の姿が容易に想像できる。。。

そんな自分に……合掌。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-03-08 12:46 | 英語

してやられたなり

3日ほど前、母親からメールがありました。
メールを開いてみると所々英語で書いてある。

   むむ…。やるな、お主。

そこで私も対抗意識を燃やして英語で文章を書き、
意気揚々と送信してやりました。

そしたらどうでしょう。
翌日、「ここのサイトの翻訳を使うと勉強になるよ。」という一文と
私の送りつけた文章を貼り付けたメールが送られてきました。

   ど う い う 意 味 か な ?

きっと悪気はまったくないと思う(いや、そう信じたい)。
でも、でも。。。

ちょっと凹んだママンからのメールでした。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-23 05:06 | 英語

学生になる

なかなか身につかない自分の英語力に嫌気がさして学校に通うことにしました。
先日初めて授業に参加したのだけれど宿題の多さにビックリ。

つい1年前まで宿題を出す立場でした。
宿題の多さにブーブー文句を言う生徒にむかっ腹が立ったもんです。
怒りがピークに達した時などは教室から出して大声で説教してました。

   あんたらの気持ちがやっと分かったよ…。怒ってごめんなさい。

真剣に反省しております。

さて宿題でもやろうかな。。。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-01-12 03:29 | 英語

びっくり大事件!

どきどきどき・・・。
鼓動が速い。どきどきどきどき。

家でダラダラしていたら「コンコンコン」とノック。
開けてみるとガタイの良いアメリカ人3人が立っている。

「何?」って聞いたところ、
「ぺらぺらぺら・・・。Okay?」

   えっと分かりません・・・。

何回も聞いてみるとどうやらアパートのスタッフらしい。
「昨日お知らせの紙をドアにはさんでおいたんだけど」的なこと言ってる。

あ~、紙ね紙。挟んであった挟んであった。

   読んでないけど。

結局この3人組、全員アパートのスタッフ。
壁とかが壊れていないかチェックしに来てくれたみたい。
意外と細かいのね。アメリカ人。

それにしてもビックリした。

教訓 : アパートからのお知らせの紙はしっかり読まないと驚かされる。
      英語を早いところ修得せねば!
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-17 04:38 | 英語

言葉の壁

こちらに来て1ヶ月以上過ぎました。
いやいや・・・何でしょうね。何ていうか、

   英語が上達しない。

そりゃ1ヶ月では上達しないでしょうって心の中で慰めてくれたアナタ!
ありがとう。でも本当に初歩的なことから分からないのです。がっくり。

先日スーパーに行ったとき、アメリカでは珍しく
愛想良く話し掛けてくるオヤジがいたんです。
アメリカでは基本的にスーパーのレジ係の人は無愛想で
商品とかお釣りとか投げたりします。

そんな中、愛想の良いオヤジなんて非常に気分がいいじゃないですか!
ニコニコしてたらオヤジも嬉しくなったのか、

   「&#☆*¥%$!HAHAHA-! What do you think!?」

   「・・・・・・・・・・?」

完全に笑い声と「どう思う!?」の部分しか聞こえなかった。
どう思うって言ってるからには私の意見を言わないと・・・。

何て言ったか全くわからない。う~ん。
よし!もう1回聞いてみよう。

   「&#☆*¥%$!」

   へ?

またもや分からん。頭の上に「?」マーク。
ここまでくるとさすがの気の良いオヤジもテンション落ち気味。

悪戦苦闘している私を尻目にオヤジの一言。
「もういいよ。じゃ、次の人~」


後から考えるとオヤジは
「今日は良い天気だよね~。働きたくなくなっちゃう」と言ってた様子。
こっちの挨拶みたいなもんです。

確かに何回も聞き返されて理解できるまで話す内容ではない。
オヤジが諦めたのも無理はない。。。
くだらないギャグを何度も聞き返される心境に似ているかも。

何度も聞きなおしてごめんね。オヤジ・・・、と
心の中でひたすら謝る私でした。
   
[PR]
by wind-of-Michigan | 2005-11-01 03:39 | 英語