カテゴリ:日常( 43 )

ちくしょー!

今日は愚痴ります。ってか言わせて。

先週、急に思い立ってボード一式を買い換える計画を立てたんです。
実際使ってる板とか相当古いし、愛用の板は白なので汚れが目立つ目立つ。
じゃあついでにビンディングとか靴とかも買っちゃう??ひゅ~ひゅ~!
ってなノリで買いに行ったんです。

お店に行くと気に入ったデザインはあるけど、私にぴったりなサイズが無い。
どんなスポーツでもそうだけど、自分に合わない道具を使うのは非常に危険!
なので品番を控えて、インターネットで買ったんです。
(ちなみにアメリカはお店でお取り寄せとかしてくれない。チッ)

待つこと4日。届いた届いた!
わーい!さっそく開けてみよー。がさがさ…。

   商品違うがな。

おいー!違うものが届いてるじゃん!
この4日間の私のワクワク感を返せっ!
この高揚した気分をどうしてくれるんじゃい!

さっそくクレーム電話。
すると返品してくれれば正しい注文の品を後日届け直します、とのコト。
な~んだ。良かった。中々良心的なショップだな。
「でも返品の際の送料は一部しか負担しないからね~。あしからず。」

   くぅ~!足元見やがって~!前言撤回!

そうは思ったけれど、高い品物だし返品することに。
メゲるな!ワタシ!

次の日、郵便局に行って手続きしてきました。
郵便局員のオヤジの「これボード?これボード?」という絡みにもメゲず、
「じゃよろしく~」と笑顔を振りまき颯爽に郵便局の外へ。

その瞬間、 勝った! って思ったモンね。
みなさ~ん!私は見事商品を返却しました!泣き寝入りはしなかったで~す!
(実際、泣き寝入りする人多いらしい)
アメリカ社会からの脱却。アメリカ社会からの解放。支配からの卒業。←?
やったど~!やってやったど~!

   大満足!

そんな気分を引きずりながら、次の日は1日中出かけていたワタシ。
今日は楽しかったな~と思いつつ帰宅してアパートの郵便受けを見ると、
何だか懐かしいモノが目に飛び込んでくる。
何アレ?

   昨日送り返したボードじゃん

ハ ラ た つ ー !!

何で戻ってきてるんじゃい!
しかも部屋まで届けずに共用の郵便受けに「ぺっ」って置いてくなー!
もし盗まれてたらどうすんじゃ!きー!

返品するとき、ボードに付いていた付属の用紙に住所を書いて送れと言われたんです。
普通って送り先の住所は、送り主の住所よりも大きく書きますよね。
その紙は住所を書く欄はどちらも同じ大きさ。

どうやらポストマンが間違って私の家に届けた模様。
ってか私の住所の所に「FROM」、
送り先の住所の所に「TO」って書いてあるのに。。。

あの時の満足感は一体何だったんだ!?
あの時の万能感は一体何だったんだ!?
あの時の膨満感は一体何だったんだ!? ←コレ違う

こ ん ち く し ょ ー !!


イライラを何とか抑えて、本日また郵便局に行ってきました。
先日のオヤジに「あれ?また来たん?」と笑われ、同情され、
可哀想な子を見る目で見られてきました。

もし今度再び私の家に戻ってきたら…。
オヤジのちょっと寂しい頭をバリカンで刈ってやるっ!

e0086905_984892.jpg












↑ ムカッ腹が立ったので「TO」を強調。今度は頼むゾヨ。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-22 08:04 | 日常

カルチャーショック Vo.2

無事にバレンタインholidayを乗り切ったワタクシです。
こんな私もチョコと花を戴きました。
普通はバラの花束なんだけどカーネーションもらいました。

   母の日…?

そ、そ、そんなことは良いのです!
気持ちがこもっているから。
感謝の気持ちを伝えます。コホン。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。ありがとー!(猪木引退試合風に。さんはいっ)


さてはて、こんなチョコの話をしているのに何ですが。
今日は大好評のカルチャーショックシリーズ第2弾!(って勝手に大好評とか言ってるし)
厠 -The Kawaya- の話題です。

アメリカのトイレって結構、えー…。マジで?って感じなんです。
何でかって…。

   覗こうと思えば覗けちゃう

e0086905_9585452.jpg


← 隙間ありすぎって思いません?










どうやら海外はこれが常識らしい。
日本の隙間の狭さが異常ということを知らなかったワタシ。
かなりカルチャーショックでした。

初めての海外旅行の経験は、大学時代の大親友仲良し3人組で行ったタイ。
ちなみにその時の合言葉は、

   「見タイ!聞きタイ!タイ行きタイ!」

自分のことながらかなり「いタイ」ですね…。   うまいこと言った…!

すいません。話が脱線しましたが。。。
そのタイでもトイレのドアの隙間が開きすぎでかなり不安だったんです。
でも、「これはきっと東南アジアだけだ!」と勝手な解釈をしておりました。

それから東南アジアの雰囲気が気に入り、海外旅行は全て東南アジア。
よって トイレの隙間 = 東南アジア こんな図式ができあがってました。

デトロイト空港に降り立ち、トイレに駆け込んだときの
私の驚愕っぷりが想像していただけるでしょうか?
目ん玉がぶっとびそうでした。

しかも開きすぎなのは下の隙間だけではないのです。

e0086905_1023179.jpg












   ち ょ っ と 待 て

なにコレ、なにコレー!
ドアの隙間から外見えてるがな!
しかもなにこのカギ!めっちゃ心細い!
ちょっと「どーん」ってやったら開いちゃうやん!

ここまで開いてると落ち着いてやってられないから困ったモンだ。
ごくたまに目線の低いお子様と目が合ったり。
いつもハラハラしながら個室に入っております。

どうやらこの隙間も意味があるらしい。
トイレの犯罪も多いアメリカ。隙間からいつでも逃げれるようにしている様子。
恐るべし。


ま、最も恐ろしいのは、この話がしたいが為にトイレを激写しちゃうワタシ。
ちょっと女心を捨てていないか?
う~ん。恐るべし。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-16 02:45 | 日常

もうすぐ。

最近ちょっぴり寒くなったミシガンでございます。
高速を走っていたら車が滑る滑る。
さながらフィギュアスケートのようでした(時事にかけてみました。くすっ)。

さてみなさん。もうすぐ2月14日ですね。
そう!

   大関・武双山正士力士の誕生日!

33歳おめでとうございます。


…はい。そうですよね。バレンタインですよね。ごめんなさい。

今年は誰にあげるか決めましたか?
超有名店で購入するも良し・手作りも良し・お取り寄せも良し。
世の中の女の子が浮き足立つ日が今年も近づいております。

実はアメリカでは立場が逆。
男の子が女の子に愛の告白とプレゼントを贈る日なのです。
こりゃラッキ~。ぐふぐふ。アメリカ万歳!

この事実をつい最近まで知らなかった私。
街のバレンタインコーナーに並ぶピンクのテディベアを見て
「アメリカの男の子はえらく可愛いものを欲しがるんだな。(きもっ)」
なんて思ってました。

アメリカでは男の子は女の子にチョコレートと花を贈るそう。
2月14日は街の至るところで

   男祭り in 花屋

が繰り広げられるという噂。
花屋に近寄るのは辞めておこう…。


昔から私はバレンタインとかクリスマスとか、
行事関係には非常に無頓着な女でした。
平気でバイト入れたり仕事してたりしてました。
面倒くさいとかそういうワケではないんですけどね。

確かにそういった行事は、これから行動を起こそうとしている人には良い機会。
自分の気持ちを伝えるにはバレンタイン・クリスマスはおそらく最高のタイミング。

でも、既に愛する人が傍にいる人は
行事云々よりも一緒に過ぎてゆく毎日が大事なのでは。
お互いに「今日は最高の一日だったよね!」と言い合える毎日。
これに重きをおいた生活を徒然なく過ごす。


そんな人生を送りたいもんです。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-12 13:16 | 日常

あぁ。日本食。

こちらに来てから日本食の素晴らしさにやっと気づかされました。
味噌汁・豆腐・焼き魚に納豆。なんてヘルシィなの。

アメリカにももちろん日本食材店はあります。
でも大抵コリアンとかチャイニーズの食材店の一角にひっそりあるって印象。
多分大きい街とか都市に行けば純粋な日本食材店はあるんだろうけど。

品数もなかなか豊富。
難点ノド飴なのはマニアックなものがないこと。
コンビニでよく売ってる大好きな「ファンシー」なんてもちろんナシ!
ちくしょう。

それからこんな難点も。
ミシガンは海に面していないので、新鮮な魚がまず入手不可能。
手に入ったとしても何だか怖くて刺身にできず。
鉄火丼が食べたいよー。うぅ…。

そして一番大きな問題。それは…。

   とにかく値段が高い!

例えば味噌汁と納豆を食べたいなぁ~って思ったら…。

納豆。2個パックで$2 ←230円
味噌(ノーブランド・500g)。$3.65 ←420円
豆腐(ノーブランド)。一丁$1.4 ←160円
エノキダケ。$3.50 ←402円

ってかエノキダケの値段ありえない!
日本だったら2つで100円とかでしょ。
きのこごときに400円も流石に出せない貧乏人。

e0086905_14453891.jpg



← 我家で使っている豆腐。
   特においしさは感じられない一品。








先日、マーケットを物色していたら何と白菜を発見!
「わ~白菜じゃ~ん!今日は鍋にでもしようかな。るんるん!さてお値段は…?」

   10ドルな~り~。

白菜10ドルってどういうこと…?1150円ですよ。
しかもアメリカのマーケットにある白菜は日本のよりもちょっと小ぶりなんですよ。
どれだけ高い鍋になるんじゃっ!


とにかく日本で当然のように食べてたものが食べれなくなり軽いストレスに。
でも。でも。。。こんなのまだまだ可愛い話らしい。
先日アパッレな話を聞いてしまった。

アメリカに来る前、ベルギーに5年住んでいたという方と知り合いになりました。

「アメリカは結構安く日本食材が手に入るからいいよね。」
「えっ?そうですか!?」
「だってベルギーなんて、

   豆腐500円もしたもん。しかも車で2時間かけて買いに行ってたよ~。」

世界は広い。
私って恵まれてる方なのね。
まだまだ生まれたてのピヨッコな私でした。

合掌。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-09 15:20 | 日常

勝敗のゆくえ

今日のミシガンは心なしか哀愁漂う雰囲気でした。
昨日はSuper Bowlが行われていてお祭り騒ぎだったんですけど。
何だか街中が閑散とした空気に包まれていると感じたのは私だけ…?
祭りの後とはよく言ったモンです。

さてさて私も昨日はテレビに釘付けでした。
…ウソです。ルールが良く分からず途中で10分くらい

   うたた寝ぶっこいちゃった…。

しかもその間に

   応援してたチームが点入れてた…。

はいっ。阿呆ですね。
始まる前は「ぐふぐふ。楽しみだー!きぃー!」なんて言ってたのに…。
恐ろしい女だよ。ったく…。

意識があったときのことを辿りながら試合の結果を報告。
結果はピッツバーグ・スティーラーズが優勝しました。
前回も書いたように、このチームは過去4回優勝しております。

私が応援していたシアトル・シーフォークスは11点差をつけられて惨敗。
残念無念。 ← 寝てたくせにこの言い様。
来年頑張って欲しいモンです。

そういえばぶったまげたことが。

フットボールは15分1セット(one quarter)を4quarter行い勝敗を決めます。
2quarterが終わるとHalf timeになるんですが、その時に
「Half time show」なるものが催されます。

今年はなんとRolling Stones。
金かけてます。

e0086905_128451.jpg












この時ばかりは流石にテレビに噛り付くワタシ。
フットボール選手もスゴイけど、60歳過ぎたおじいちゃんになってまで
観客を乗せれるミック・ジャガーもスゴイと感激しきりのSuper Bowl 2006でした。

さて来年は

   絶対寝ないゾ!
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-07 12:17 | 日常

Super Bowl 2006

ここミシガンは現在厳戒態勢です。
特にデトロイト。理由は題名を参照あれ。

Super Bowlはフットボールの全米No.1決定戦のこと。
今年はシアトル・シーフォークス vs ピッツバーグ・スティーラーズ。
デトロイトが会場なので地元チームが出るのかと思いきや、会場は持ち回り制の様子。

頂上決戦なので当然年に1回です。
Football狂いのアメリカ人の熱狂っぷりが想像できます?
まぁすごいもんです。お祭り騒ぎです。ワッショイワッショイってなもんです。

お祭りに犯罪は悲しいけれど付き物。
しかも全米危険度No.1のデトロイトが会場ときたもんだ。

   「今週末は極力外出を控えてください」

こんなメールが日本人に回ってきております。
超・スーパー・ウルトラ厳戒態勢。おそろし。

年に1回しかないFootballの決戦!
今はテレビをつけても街を歩いていても話題はSuper Bowl。
チケットなんぞはトウの昔に売り切れて、今やプレミア。
チケットを巡る犯罪も起きてるようです。

そんなお祭り騒ぎに乗せられて、私もちゃっかりひょっこり
Footballのルールを一夜漬けで勉強中。
意外と難しい。

どうやらピッツバーグ・スティーラーズはSuper Bowlで
過去4回優勝しているみたい。強豪ですな。
ここはやはりシアトル・シーフォークスを応援するのが紳士的かしら?

さてみなさん。どちらが勝つと思いますか?
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-05 05:37 | 日常

おたく in America Part 2 !

先日アメリカのオタクについ熱く語りましたが。。。
ついに見つけてしまいました。

今日用事があって本屋に行ったんです。
アメリカでは老舗中の老舗。老舗って言うと聞こえは良いけど
ただどこにでもあるっていう意味での本屋さん。

e0086905_920301.jpg












その名も「BORDERS」
本とCDとコーヒー屋さんがあるのでかなり常連化しております。



お目当てのものをゲットし、店内をうろうろ不審者並みに物色していると…。
こんなものを発見してしまった!

e0086905_921049.jpg












犬夜叉は日本でも人気あったからアメリカで売るのはよく分かる。
でも、でも…。

   一番右の「Kanji de Manga」って何さ…。

何故メイド服を着ているのだ?
何故目が顔の半分を占めているのだ?
これがいわゆる 萌え~ ってやつなのか?
何なんだ~!きぃー!


写真には1つの棚しか映っておりませんが、実はすごい数のマンガが置いてあった。
その数約700冊あまり。

この付近一帯にはただならない異様な雰囲気。
マンガを手に一心不乱に読み貪るアメリカ人。 
その横でボーゼンとする私。

別にマンガを好きな人に嫌悪感を持っているわけじゃあないんです。
ただ、もっと日本を代表するマンガで漢字をマスターして欲しい。

「Kanji de Manga」の表紙を眺めつつ心で叫ぶ私でした。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-02-01 09:40 | 日常

おたく in America

先週の土曜日にアメリカ人の友人とそのフィアンセ(日本人)に誘われて
ちょっとしたパーティーに行ってまいりました。

日本からの留学生と、日本に興味津々丸のアメリカ人が主催したもので、
会場はとある大学のホール。200人くらいの日本人・アメリカ人でごった返してました。

日本に興味があるというだけあって日本語ペラペラな学生がいっぱい。
椅子にかけてあった私のコートを落としてしまったアメリカ人が

   「あ、スイマセン」

と言ったときにゃー、ちと嬉しかったデス。

そこらじゅうに日本に関する掲示物があって、
「即席神社」の前には賽銭箱が。ちゃっかりしてやがる。
浴衣試着コーナーなんてのもあってアメリカ人の女の子にウケてました。
アメリカ人が自分の名前などを漢字で書く書道コーナーもあり、こちらも大盛況。

プログラムの中には「Kendo」・「Jyudo」も。
アメリカでは今、空手が大人気。街のあちこちに道場があります。
でも日本人は人件費がバカ高いので、インストラクターは中国人。
何かニセモノの香がぷんぷんするゾ!

ちと話が逸れたけれど今回の剣道・柔道の出演者は全員アメリカ人。

e0086905_1055974.jpg




← 柔道着を着て女性をブン投げるおやじ(マリオに激似)







剣道は非常に凛とした空気が張り詰めていたため激写できず。
柔道は半分お笑いエンターテイメントでした。
アメリカ人にかかると、「道」の精神を持つ柔道もshowになってしまうから怖い。

このパーティーでアメリカ人が日本をどう思っているか結構分かったかも。
(以下、アメリカ人の脳内思考)

   日本 = 親切で礼儀正しい店員
   日本 = 街ですれ違う人とは絶対に目を合わせない
   日本 = 寿司を毎日食べている

一番最後のは驚きだ。
ってか違う。

それよりも私を1番驚かせたモノ。
それは会場中央にあるプロジェクターを陣取っていた。

   ダンス・ダンス・レボリューション

えー…。これってまだ日本で流行っているの?
これが無かったら結構いい感じの雰囲気だったのに…。
しかもアメリカ人めちゃウマイし。

フィアンセの日本人女性は、この学校で日本語講師をしている方。
彼女曰く

   ま、日本に興味があるアメリカ人なんてほとんどオタクだからね。
   今踊ってる女の子、超オタクだよ。日本のアニメソング歌えるからね。

そうだったの?そうだったの?
確かに会場の一角には「電車男」のパンフとか
アニメの切抜きとか飾ってあったっけ…。
そこに沢山のアメリカ人が集っていたな…。

別にアニメとか興味を持つな!とは言わないけど、
日本にはもっと素晴らしいものがいっぱいあるんだよ。
神社の静寂とか、桜が散るときの物悲しさとか、紅葉の鮮やかさとか・・・さ・・・。
アニメだけじゃないんだよ…。

自分の国の文化を大声で紹介したいと切に願う私でありました。

e0086905_10372283.jpg
← ちなみに書道コーナーで友人のアメリカ人が書いた代物。
   名前の所には分かりにくいけど「ポール」って書いてあります。
   なかなかうまい!
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-01-31 10:09 | 日常

カルチャーショック Vo.1

こちらに来て驚いたことは結構あるけれど
すぐに車で移動しちゃうところが私には驚きでした。

隣にあるマーケットにも車。
モールの中で3軒向こうのお店に行くのも車。
同じ敷地内にある友人宅に行くのも車。
とにかく車。何が何でも車。

確かに車移動の方が良いという理由もあるんです。
隣のマーケットと言っても土地がバカでかいので意外と遠い。
それに何より1人で街を歩くのは非常に危険。
いくら治安が良い街と言っても近くにアレがあるんです。

   危険度全米No.1・デトロイト

油断大敵。


ま、そんなこんなでアメリカで好評なのがドライブスルー。

アメリカに来るまでドライブスルーの制度は
1分1秒を争う日本にしかないと思っておりました。
ところがどっこい。こちらにもわんさか。

最近ではコーヒー屋さんもドライブスルーを導入。
車に乗ったままでほかほかコーヒーが!
人気だそうです。便利だしね。

調子に乗って作っちゃったのかどうだか知らないけれど
アメリカではこんなドライブスルーがあります。

   ATMドライブスルー

信じられます?
お金を車に乗ったまま引き出しするんですよ!
車に乗ったまま「今週は厳しいから$100だけにしよっ」ってやるんですよ!
車に乗ったまま「口座残金はこれだけか~。やばいな」ってやるんですよ!

最初見たときはアングリと開いた口が塞がらなかったデス。

なんかその行動がしっくりこなくて
普通に銀行の中にATMは無いの?と聞いたら

   見たことナイ!

あっさりきっぱりばっさり言われました。


これもお金を引き出して銀行を出るときに
暴漢に襲われるかもしれないという考え方があるからなんだろうけど。

まだまだ私にとっては謎に満ちた国アメリカでございます。

e0086905_22585211.jpg
←噂のドライブスルーATM
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-01-25 23:01 | 日常

祝・2006!

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくです。

今年の年越しはニューヨークのTimes Squareの中継を家でひっそりと見ておりました。
日本の年越しって坊主が鐘を打ったり、お経唱えてたりと非常に厳粛なイメージだけど
こちらはかなりの騒ぎっぷりでちょっとカルチャーショック。

日本でも都会のほうはもっと賑やかな年越しなんだろうけど何せ田舎モノなので。。。
正月は静かにしとやかに!みたいな感じで過ごしてました。

家でウダウダしているのが好きな私としては、日本の正月に1票!
今日は雑煮でも作ろうかな。
[PR]
by wind-of-michigan | 2006-01-02 04:09 | 日常