<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年には逆らえない

サンクスギビングの休暇を利用してコロラド州のベイルに行ってまいりました。
目的はそう!

   スノーボード!

大学生時代、狂ったようにボードをやっていました。
スキー場に通えば通うほど技術が伴ってきておもしろくてしょうがなかった。

しかし大学生時代が終わると状況が激変!

大学院生時代は人間使って実験していたので
必然的に実験台になる人間の予定で自分の予定が決定してきます。
そしてその実験の結果を毎日眺めてため息をついたり喜んだり。
そんな毎日で忙しくボードには行けず。。。

学生時代が終わったときまぁ色々散々な目に遭いまして(気が向いたらこの話しようかな)
やっと決まった就職先が多忙の極み。
有給なんて使ったことありません(ってか病気でも休めなかった)。
そんな毎日で忙しくまたもやボードには行けず。。。
e0086905_761110.jpg
結局ボードから遠ざかる生活を○年続け、久しぶりのボードがロッキー山脈。
こりゃヤバイと思いつつもいつも通り「何とかなるでしょ」と余裕しゃくしゃく。

が!余裕ではなかった!

初日はやっぱり体を慣らすということで初心者コースを選んで滑ろうとしました。
しかし「これ本当に初心者コースなん?」と聞きたくなる難所ばかり。
しかも30分くらいかけないと頂上から下界まで降りることができないくらいコースが長い。



滑り始めて1時間くらいで足の疲労度がピークに…!
しかも激コケして膝がありえないくらいの青色に…!

2日目は猛吹雪でボードどころの騒ぎではなかった。
(吹雪よりも筋肉痛が酷くてボードどころの騒ぎではなかった)
1m先が雪で見えない。生命の危機を感じた。



結局○年ぶりのボードは「休み休み滑る」って感じでした。
やっぱりね、

   年には逆らえません!!

昔なら筋肉痛が酷かろうが、吹雪がすごかろうが
うっほほ~いてな感じでボードを楽しんでました。

「年をとる」ってこういうことなんだなぁ。。。とため息が出る
感慨深いサンクスギビングでございました。
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-29 08:03 |

勝手にアメリカ電化製品 worst3!

ホントにね、電化製品は日本製に限る。
最初こちらに来たときあまりのズサンな設計に呆れて笑えてきました。
最近は諦め入ってマス。

アメリカのアパートは基本的に電化製品全部ついてます。
それは良い。大変ありがたい。
でも性能悪すぎ。
使ってて「これ使わない方が結果的に良いのではないか?」と思うことが多々あり。

こんな悲惨な電化製品をみんなに伝えたい!
分かって欲しい!
体感して欲しい!
そして

   同情して欲しい…

てなわけで
「勝手にアメリカ電化製品 worst3!」


   worst 3    暖炉
e0086905_9103177.jpg
「へ~暖炉なんてあるんだ~。リッチ~」と思った人ー?
私もそう思ってました。実は暖炉ってアメリカのお家にどこでも付いてます。

何が不便かってこの暖炉「ガス暖炉」。
暖かくならないくせにガス代めちゃかかる。
くもの巣めちゃ張る。
意味無し。

   




   worst 2    食器洗い乾燥機
e0086905_9113046.jpg
これねもう最悪。ほんと不便。
全然汚れ落ちない。
毎回スポンジで汚れをキレイに落としてから食器洗い乾燥機に入れてます。

じゃあ使わなければいいじゃんって思うよね。
そうなの。私もそう思って1ヶ月くらい使わなかったの。
そしたら

   カビた…

しかも普通の水道とつながっているから水がどこからか浸入してきて
その水が食器洗い乾燥機の中で

   腐った…

だからカビ・腐った水から守るためには定期的に使用しなければならない。
ほんっと意味なし。

あぁ。。。書いてたらイライラしてきてしまった。。。
でもまだこの上がある…。
では栄えある第1位は…!!

   


   worst 1    洗濯機
e0086905_912310.jpg
これダントツ。ほんと終わってる。最高に使いにくい。

真ん中に堂々と立っているこのポール何?
洗濯物全然入らないやん。
洗濯物少ないのに何で2回も回さないといかんのじゃい!

柔軟剤を入れる場所なんでないの?
そりゃ服がごわごわにもなるわ!

ごみくず取ってくれる袋付いてないの?
えーえー。毎日服についたごみくず手で取ってますとも。
ごみくずを暗い部屋でチマチマ取ってる自分の姿を鏡で見ると涙が止まらないですとも。

とにかくすごく使い勝手が悪い。
洗濯に1時間半もかかるなんてこの時代に考えられない。きぃ!


ふぅ。ちょっと愚痴ったらスッキリした。
あまり悪口ばかり書いていても申し訳ないので
良い製品に出会ったら「勝手にアメリカ電化製品 best3!」なるものをやろうかな。


その時はもう帰国してたりして。。。
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-23 13:41 | 日常

初めての・・・

雪。
e0086905_93386.jpg

初雪です。
とうとう冬がやってきてしまった…。
マイナス20度の世界なんて想像できんワイ。

アメリカは華氏表示なので(華氏32度で摂氏0度)
一瞬考えないとどれくらい寒いのか分からない。

先日車をぶっ飛ばしているとき、車の温度計に「24度」という表示。
「ふーん・・・・・・・・。え?ちょっと待てよ・・・」

   マイナス4度じゃん・・・。

その日はジムに行っていたので半袖Tシャツにパーカーという気違い染みた格好してました。
そりゃ寒いわ!

でもこちらの人はかなり寒さに強い様子。
そんなに寒くても半袖でアイスクリームを頬張ってたりする(オヤジと子どもに多い)。
マネできません。

しかし。。。
まだ11月なのに、しかもお昼なのに・・・。マイナスって何?
これからが末恐ろしい。
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-21 05:53 | 日常

びっくり大事件!

どきどきどき・・・。
鼓動が速い。どきどきどきどき。

家でダラダラしていたら「コンコンコン」とノック。
開けてみるとガタイの良いアメリカ人3人が立っている。

「何?」って聞いたところ、
「ぺらぺらぺら・・・。Okay?」

   えっと分かりません・・・。

何回も聞いてみるとどうやらアパートのスタッフらしい。
「昨日お知らせの紙をドアにはさんでおいたんだけど」的なこと言ってる。

あ~、紙ね紙。挟んであった挟んであった。

   読んでないけど。

結局この3人組、全員アパートのスタッフ。
壁とかが壊れていないかチェックしに来てくれたみたい。
意外と細かいのね。アメリカ人。

それにしてもビックリした。

教訓 : アパートからのお知らせの紙はしっかり読まないと驚かされる。
      英語を早いところ修得せねば!
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-17 04:38 | 英語

運転免許獲得への道 実技テスト編

運転免許獲得への道も最終局面!
本日実技テストを受けてまいりました。

日本は走り慣れた教習所をスタート地点として、練習でよく使ってた道を走るよね。
アメリカの実技テストはスタート地点がまちまち。
そのため1回も通ったことない道でテストだったりする。
私もそう。見たこともない道走らされました。

しかもスタート地点は、教会。
アーメン。

試験官と自己紹介をしていきなりテスト。
私の試験官は人の良さそうなオヤジでした。

まず実技テストは「白線の前での停車」、「バックでの車庫入れ」、「縦列駐車」
この3点を教会の駐車場を間借りしてテスト。
それから20分程度公道を走るというもの。

ワタシ不安だったんです。何がって・・・。

   アメリカ来てからバックで駐車したことない

こちらの人は大抵というか絶対確実に前向き駐車します。
バックで駐車してる人見たこと無い。
しかも

   すっごい鬼止めする。半端なく。  
   *鬼止め : 斜め駐車。時には1つ以上のスペースを占領。

今まで見た中で一番アッパレだったのは5つくらいのスペースを
1台で占領していたオヤジ。
日本ではブーイングだけどこっちの人はそんなこと全く気にしない。

そんな雰囲気にのまれてか、私もずっと前向き駐車の日々。
どうしようどうしよう。きえ~。
悩んだ挙句前日人気の無い駐車場で練習しちゃいました。
免許とって○年も経つのに・・・。トホホ。

さてテストの方は練習の甲斐もあってかとりあえず技能3点のテストはクリア。
「Good job!」って褒められちゃいました。さんきゅー!オヤジ。

最後に公道へ!
さすがに広い道を走ったけど、知らない道を走るってのは緊張する。
しかも指示が英語なので(当然か)頭の中で1度翻訳しないといけない。
2倍疲れました。



そんなこんなで結果は合格!!
アメリカに来て2ヶ月。やっと「住んでもいいよ~」という許可が下りた感じ。
これで気兼ねなく

   酒が買えるゾ!

e0086905_7141264.jpg
← こんな道も走りました。ドライブには良いけど  
   テストでは通りたくない・・・。
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-15 06:59 | 日常

買ったど~

ふふ。ふふふふふ。
ぐふぐふっ。きえーー!

買っちゃった。買っちゃった。クルマ買っちゃった~~。

理想の車を捜し求めて早1ヶ月。やっと出会えました。
もうね、運命。目と目が合った瞬間に「お嫁においで!」とプロポーズしてました。
実際予算より大幅にオーバーしてたけどいいの。気にしない。

車探しで思ったことはアメリカって中古車屋さんっていうのがすごく少ない。
もしかしたらミシガンだけかもしれないけど。
日本は中古車屋さんっていっぱいあるのに。
おかげでミシガンをくまなく移動しまくりましたよ。

そして車探しで一番困った・苦労したことは営業スタイル。
まず、
   土日やってない。

いつ見に行けばいいんじゃ~!
平日で遅くまでやってたりするけど、ゆっくり見れない。

しかも

   営業終了時間の1分後には誰もいない。

客(私)が車を物色しているのに、終業時間になったら
「ばっはは~い」って帰っちゃうところがスゴイ。
日本だったら帰るのが遅くなるとしても客の相手するよね。

何はともあれ苦労したけど車をGet!
これからミシガンはボードの季節。
毎週行っちゃおうかしらん。


e0086905_15324782.jpg

←クジラ顔でしょ?
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-11 23:34 | 日常

運転免許獲得への道 筆記テスト編

さていよいよ運転免許の筆記テストを受けてまいりました。
一応こっちの役所に行かなくてはいけないので少し緊張。

ところがどっこいスーパーなどが入っているモールの一角に役所があって
普通のお店屋さんのよう。日本のような厳格さはないので拍子抜け。

いい具合に緊張も取れていざ中へ!
(さすがに室内は役所みたいだった)
順番を待って受付へ。優しそうなおば様にカタコトの英語で意向を伝えると・・・。

「じゃ、そこでテスト受けてね」
えっ?ここですか?ここってただ鎖でフロアを仕切ってあるだけじゃん。
個室とかに通してくれるんじゃないの?

入り口の近くに鎖で仕切ってある場所があり、そこに机と椅子が並んでる。
出入りする人のざわめきとか外の喧騒とか聞こえまくり。
待ってる人のおしゃべりに耳が行ってしまって集中できない!!

ふふふ。でもいいのだ。ぶっちゃけテストには自信があったから。
何でかって・・・

   過去問手に入れてたから

見つかったら一生免許を手にすることができないくらい重罪な代物を
私は手に入れてたのだ・・・!くすっ。
もう何回も過去問解いて完璧だもんね~。
こんなテスト5分で終わらせてやるっ!

いざテスト用紙を見てみると・・・・・・。

   問題全然違うがな

狂ったように過去問しか解かなかった私。全く無意味でした。
しかも噂通りの変な日本語。
「えっ?この形容詞はどれに係ってるの?」と文法的なことまで考えてしまうくらい理解不能。

なんとかうんうん唸りながら問題を解き終えました。
ふぅ~。あと1枚だ。ぺらり(テストをめくる音)。

   英語だがな

何と2枚目は英語で書いてある。
おいーー。聞いてないよ~。とダチョウ倶楽部顔負けの突込みを心の中で叫び
必死で格闘。何とか答えは埋めました。

さっそく採点のお姉さんのところに持っていき、目の前で採点開始。
くるっ(マルをつけられる音)、ぴっ(バツをつけられる音)、くるっ、くるっ
お!調子がいいぞ!
ぴっ、ぴっ、ぴっ、ぴっ
え~~~!4連続間違い!?やばい!

胸の中で実況中継しつつ(実際声に出ていたかもしれないが)採点終了。
結果は・・・合格!うっほほ~いと喜び勇んでいる私にお姉さんが一言。

   「じゃ、次は実地試験ね。電話で日にちアポ取ってね~」

はい?これで免許もらえるんじゃないんですか?
何?またテスト?今度は実地?

免許獲得にはあと一段階あるようです。
決戦は11月14日朝9時!
一発合格してやる!!
[PR]
by wind-of-michigan | 2005-11-10 05:33 | 日常

運転免許獲得への道 理由編

どうやらアメリカの運転免許を取ることとなった。

さて何故私は運転免許を取らないといけないのでしょう?
だって日本から持ってきた「国際免許」があるじゃん!それで十分じゃん!
と真剣に考えていた時期が私にもありました・・・。

   国際免許なんて全く役に立たない!!

アメリカではお酒を買うとき絶対にIDが必要です。
(大抵の人は運転免許をIDとして持ち歩いております)
未成年には酒を売らないゾってとこでしょうか。
ま、ここまでは理解できるよね。確かに未成年には酒を売っちゃいけない。

でも、お腹が出てて頭もいい感じに薄くて子どもとか連れてて

   どう考えてもオヤジだろっ!

っていう人にもID見せろって言ってくるのです。
ここがよく分からん。

しかも「チラ見」程度じゃ済まされない。
めっちゃ「じーーーーー」って見ます。
もういいだろって言いたくなるくらい真剣に見ます。
そりゃこんなことやってたらレジも長蛇の列だワイ!

話が逸れた。失礼。
こんな話を聞きました。

ある人がアメリカに来てお酒を買いに行こうとしてました。
そういえばID見せるとき何見せよう?
アメリカの免許持ってないし。
パスポートもIDになるけどあんまり持ち歩きたくないし。
そうだ!国際免許をID変わりにしよう!

息み勇んでスーパーへ駆け込んだとさ。
レジで案の定IDの提示を求められ、得意顔で国際免許を差し出したとさ。

   何だこれ?いいから早くID見せろや!

えっ?これが私のIDですが・・・?
えっ?何?国際免許知らないの?
えっ?だめなの?

結局IDとは認められず酒は買えないわ、好奇の目で見られるわで
散々だったとさ。

てなわけで国際免許はIDにならないのです。
IDの提示は酒類購入以外にもよくあるから困ったもんだ。

しかもここミシガン州は変わった法律が。
「アメリカに来て1ヶ月以上経っても国際免許で運転してた場合
事故っても保険効かないよ~ん」

   なんじゃそりゃ?

多分これはミシガン特有の法律なんだと思うけど。
てか国際免許取って来た意味全くないやん!
渡米前にクソ忙しい時期に県に1つしかない偏狭の地にある免許関係の役場に
ひーこらひーこら行って、お金払って、散々待たされて手に入れたのに!
私が発狂したのは言うまでもないでしょう。きえ~!

そんなこんなでこちらの運転免許を取ることになったワタシ。
交通ルールのテストなんて○年以上お近づきになっておりません。
しかもテストはアメリカ人が作った日本語なので意味不明の模様。

   どうなる?どうする?ワタシ・・・!!

続きは次回へ!
[PR]
by wind-of-Michigan | 2005-11-08 09:40 | 日常

労働の自由

アメリカに行ったら絶対働こうと思ってました。
業種は何でも良いから社会に出ているんだという感覚が欲しかった。

でも働けないかもしれません。
色々な事象が重なっております。

   労働の自由が侵されている!

アメリカでこんなこと感じるなんて。がくっ。

「労働」で思い出した昔話を1つ。

私、昔予備校で講師やってました。
予備校って言うと格好良いかもしれないけど平たく言うと塾の先生です。

でも塾の講師って辛いんです。
自分の授業で成績が上下する責任の重さ・サービス残業・生徒統制・・・。
でも一番辛いのが

   営業・・・

これを読む営業の方、「そんなんで愚痴ってるの?弱いねぇ」
と思うかもしれません。

しかし、私が講師という枠で入社していることを分かって欲しい。
それから私には通常の業務があるということを分かって欲しい。

仕事が終わってからの次の日の予習
成績管理
保護者からのクレーム処理
テスト作成
先輩講師に授業を見られるため日々授業練習

ここには書ききれないほどの業務
(あまり詳しく書くと企業が特定されてしまうのでやめときます)が私を手招きしている・・・。
ああ!恐ろしい!!

そんな山積み業務の中でも営業が一番辛いのです。

もちろん塾も企業なので生徒集めは必須事項。
生徒が入塾して月謝を払うから企業として成り立つわけで。
でも、

   教師が入塾勧誘の電話ってします?

普通はしないよね。これって本部の仕事じゃないのかしらん?
しかも就職の際こんなこと規定に載ってませんでしたよ!きぃ!
休日会社に出勤させられて、電話番号渡されて延々勧誘電話。

電話もこっちの企業名言ったら「ガチャッ!」と切られるならまだ良し。
たまにすごく切れてくる方もいる。
「どこで電話番号入手したんだ!?訴えるぞ!」
そりゃそうだ。
これ、5件に1件は言われてました。

   死にたい

本気で思いましたね。
あと3年くらい働いていたら首つってたかもしれない。

それからこれも辛い。

   塾生への営業

「ねぇねぇ、友だちで誰か塾入ってきそうな子いないのぉ?」
と既に塾に入っている生徒に聞くわけだ。

最初はおもしろがって「~さんは入りたいって!」と
気さくに話してくれていた塾生も、こちらがあまりにしつこく言うモンだから
「いい加減にしろや!」ムードがヒシヒシと伝わってくる・・・。

ごめん、ごめんよ~。私だってこんな話したくないよ~。
休憩時間くらいあんた達生徒と楽しく会話したいよ~。
でも聞かないと上司に怒鳴られて
社内報とかに「営業成績worst 1」って載っちゃうんだよ~。

こんなジレンマが年中続きます。
来る日も来る日も、雨の日も雪の日も、

   営業・営業・営業・・・・・・・

私が社員だった当時は生徒の成績を飛躍的に上げた講師よりも、
営業成績が良い講師の方がはるかに評価が高かった。
おそらく今もそうなんでしょう。

仕事してた時は明らかにヤツれていました。今より6kgくらい痩せてた。
毎日営業ノルマと授業準備が頭の上に乗っかってきて、
不安で不安で食事が喉を通らない日が多々ありました。
標準体重より10kgくらいマイナスで見るからに不健康だった。
「わ~スリム~」の域を越えてました。マジで。


そんな会社でもそれなりにやっていけたのは
同期の人々が最高に良い人達だった。
仕事を辞めて8ヶ月経ちますが今でも連絡をくれます。
来年は遊びに来てくれるみたい。楽しみにしてます。

結局今となって言えることは

   働けないのは辛い、でも働きすぎも辛い

ってことでしょうか。

働きすぎの皆さん!体には気をつけてください、と
心の中で切に願う今日この頃です。
[PR]
by wind-of-Michigan | 2005-11-04 12:35 | 昔話

言葉の壁

こちらに来て1ヶ月以上過ぎました。
いやいや・・・何でしょうね。何ていうか、

   英語が上達しない。

そりゃ1ヶ月では上達しないでしょうって心の中で慰めてくれたアナタ!
ありがとう。でも本当に初歩的なことから分からないのです。がっくり。

先日スーパーに行ったとき、アメリカでは珍しく
愛想良く話し掛けてくるオヤジがいたんです。
アメリカでは基本的にスーパーのレジ係の人は無愛想で
商品とかお釣りとか投げたりします。

そんな中、愛想の良いオヤジなんて非常に気分がいいじゃないですか!
ニコニコしてたらオヤジも嬉しくなったのか、

   「&#☆*¥%$!HAHAHA-! What do you think!?」

   「・・・・・・・・・・?」

完全に笑い声と「どう思う!?」の部分しか聞こえなかった。
どう思うって言ってるからには私の意見を言わないと・・・。

何て言ったか全くわからない。う~ん。
よし!もう1回聞いてみよう。

   「&#☆*¥%$!」

   へ?

またもや分からん。頭の上に「?」マーク。
ここまでくるとさすがの気の良いオヤジもテンション落ち気味。

悪戦苦闘している私を尻目にオヤジの一言。
「もういいよ。じゃ、次の人~」


後から考えるとオヤジは
「今日は良い天気だよね~。働きたくなくなっちゃう」と言ってた様子。
こっちの挨拶みたいなもんです。

確かに何回も聞き返されて理解できるまで話す内容ではない。
オヤジが諦めたのも無理はない。。。
くだらないギャグを何度も聞き返される心境に似ているかも。

何度も聞きなおしてごめんね。オヤジ・・・、と
心の中でひたすら謝る私でした。
   
[PR]
by wind-of-Michigan | 2005-11-01 03:39 | 英語