運転免許獲得への道 理由編

どうやらアメリカの運転免許を取ることとなった。

さて何故私は運転免許を取らないといけないのでしょう?
だって日本から持ってきた「国際免許」があるじゃん!それで十分じゃん!
と真剣に考えていた時期が私にもありました・・・。

   国際免許なんて全く役に立たない!!

アメリカではお酒を買うとき絶対にIDが必要です。
(大抵の人は運転免許をIDとして持ち歩いております)
未成年には酒を売らないゾってとこでしょうか。
ま、ここまでは理解できるよね。確かに未成年には酒を売っちゃいけない。

でも、お腹が出てて頭もいい感じに薄くて子どもとか連れてて

   どう考えてもオヤジだろっ!

っていう人にもID見せろって言ってくるのです。
ここがよく分からん。

しかも「チラ見」程度じゃ済まされない。
めっちゃ「じーーーーー」って見ます。
もういいだろって言いたくなるくらい真剣に見ます。
そりゃこんなことやってたらレジも長蛇の列だワイ!

話が逸れた。失礼。
こんな話を聞きました。

ある人がアメリカに来てお酒を買いに行こうとしてました。
そういえばID見せるとき何見せよう?
アメリカの免許持ってないし。
パスポートもIDになるけどあんまり持ち歩きたくないし。
そうだ!国際免許をID変わりにしよう!

息み勇んでスーパーへ駆け込んだとさ。
レジで案の定IDの提示を求められ、得意顔で国際免許を差し出したとさ。

   何だこれ?いいから早くID見せろや!

えっ?これが私のIDですが・・・?
えっ?何?国際免許知らないの?
えっ?だめなの?

結局IDとは認められず酒は買えないわ、好奇の目で見られるわで
散々だったとさ。

てなわけで国際免許はIDにならないのです。
IDの提示は酒類購入以外にもよくあるから困ったもんだ。

しかもここミシガン州は変わった法律が。
「アメリカに来て1ヶ月以上経っても国際免許で運転してた場合
事故っても保険効かないよ~ん」

   なんじゃそりゃ?

多分これはミシガン特有の法律なんだと思うけど。
てか国際免許取って来た意味全くないやん!
渡米前にクソ忙しい時期に県に1つしかない偏狭の地にある免許関係の役場に
ひーこらひーこら行って、お金払って、散々待たされて手に入れたのに!
私が発狂したのは言うまでもないでしょう。きえ~!

そんなこんなでこちらの運転免許を取ることになったワタシ。
交通ルールのテストなんて○年以上お近づきになっておりません。
しかもテストはアメリカ人が作った日本語なので意味不明の模様。

   どうなる?どうする?ワタシ・・・!!

続きは次回へ!
[PR]
# by wind-of-Michigan | 2005-11-08 09:40 | 日常

労働の自由

アメリカに行ったら絶対働こうと思ってました。
業種は何でも良いから社会に出ているんだという感覚が欲しかった。

でも働けないかもしれません。
色々な事象が重なっております。

   労働の自由が侵されている!

アメリカでこんなこと感じるなんて。がくっ。

「労働」で思い出した昔話を1つ。

私、昔予備校で講師やってました。
予備校って言うと格好良いかもしれないけど平たく言うと塾の先生です。

でも塾の講師って辛いんです。
自分の授業で成績が上下する責任の重さ・サービス残業・生徒統制・・・。
でも一番辛いのが

   営業・・・

これを読む営業の方、「そんなんで愚痴ってるの?弱いねぇ」
と思うかもしれません。

しかし、私が講師という枠で入社していることを分かって欲しい。
それから私には通常の業務があるということを分かって欲しい。

仕事が終わってからの次の日の予習
成績管理
保護者からのクレーム処理
テスト作成
先輩講師に授業を見られるため日々授業練習

ここには書ききれないほどの業務
(あまり詳しく書くと企業が特定されてしまうのでやめときます)が私を手招きしている・・・。
ああ!恐ろしい!!

そんな山積み業務の中でも営業が一番辛いのです。

もちろん塾も企業なので生徒集めは必須事項。
生徒が入塾して月謝を払うから企業として成り立つわけで。
でも、

   教師が入塾勧誘の電話ってします?

普通はしないよね。これって本部の仕事じゃないのかしらん?
しかも就職の際こんなこと規定に載ってませんでしたよ!きぃ!
休日会社に出勤させられて、電話番号渡されて延々勧誘電話。

電話もこっちの企業名言ったら「ガチャッ!」と切られるならまだ良し。
たまにすごく切れてくる方もいる。
「どこで電話番号入手したんだ!?訴えるぞ!」
そりゃそうだ。
これ、5件に1件は言われてました。

   死にたい

本気で思いましたね。
あと3年くらい働いていたら首つってたかもしれない。

それからこれも辛い。

   塾生への営業

「ねぇねぇ、友だちで誰か塾入ってきそうな子いないのぉ?」
と既に塾に入っている生徒に聞くわけだ。

最初はおもしろがって「~さんは入りたいって!」と
気さくに話してくれていた塾生も、こちらがあまりにしつこく言うモンだから
「いい加減にしろや!」ムードがヒシヒシと伝わってくる・・・。

ごめん、ごめんよ~。私だってこんな話したくないよ~。
休憩時間くらいあんた達生徒と楽しく会話したいよ~。
でも聞かないと上司に怒鳴られて
社内報とかに「営業成績worst 1」って載っちゃうんだよ~。

こんなジレンマが年中続きます。
来る日も来る日も、雨の日も雪の日も、

   営業・営業・営業・・・・・・・

私が社員だった当時は生徒の成績を飛躍的に上げた講師よりも、
営業成績が良い講師の方がはるかに評価が高かった。
おそらく今もそうなんでしょう。

仕事してた時は明らかにヤツれていました。今より6kgくらい痩せてた。
毎日営業ノルマと授業準備が頭の上に乗っかってきて、
不安で不安で食事が喉を通らない日が多々ありました。
標準体重より10kgくらいマイナスで見るからに不健康だった。
「わ~スリム~」の域を越えてました。マジで。


そんな会社でもそれなりにやっていけたのは
同期の人々が最高に良い人達だった。
仕事を辞めて8ヶ月経ちますが今でも連絡をくれます。
来年は遊びに来てくれるみたい。楽しみにしてます。

結局今となって言えることは

   働けないのは辛い、でも働きすぎも辛い

ってことでしょうか。

働きすぎの皆さん!体には気をつけてください、と
心の中で切に願う今日この頃です。
[PR]
# by wind-of-Michigan | 2005-11-04 12:35 | 昔話

言葉の壁

こちらに来て1ヶ月以上過ぎました。
いやいや・・・何でしょうね。何ていうか、

   英語が上達しない。

そりゃ1ヶ月では上達しないでしょうって心の中で慰めてくれたアナタ!
ありがとう。でも本当に初歩的なことから分からないのです。がっくり。

先日スーパーに行ったとき、アメリカでは珍しく
愛想良く話し掛けてくるオヤジがいたんです。
アメリカでは基本的にスーパーのレジ係の人は無愛想で
商品とかお釣りとか投げたりします。

そんな中、愛想の良いオヤジなんて非常に気分がいいじゃないですか!
ニコニコしてたらオヤジも嬉しくなったのか、

   「&#☆*¥%$!HAHAHA-! What do you think!?」

   「・・・・・・・・・・?」

完全に笑い声と「どう思う!?」の部分しか聞こえなかった。
どう思うって言ってるからには私の意見を言わないと・・・。

何て言ったか全くわからない。う~ん。
よし!もう1回聞いてみよう。

   「&#☆*¥%$!」

   へ?

またもや分からん。頭の上に「?」マーク。
ここまでくるとさすがの気の良いオヤジもテンション落ち気味。

悪戦苦闘している私を尻目にオヤジの一言。
「もういいよ。じゃ、次の人~」


後から考えるとオヤジは
「今日は良い天気だよね~。働きたくなくなっちゃう」と言ってた様子。
こっちの挨拶みたいなもんです。

確かに何回も聞き返されて理解できるまで話す内容ではない。
オヤジが諦めたのも無理はない。。。
くだらないギャグを何度も聞き返される心境に似ているかも。

何度も聞きなおしてごめんね。オヤジ・・・、と
心の中でひたすら謝る私でした。
   
[PR]
# by wind-of-Michigan | 2005-11-01 03:39 | 英語

アメリカ買い

今日は安くて新鮮と巷で噂の八百屋さんに行ってきました。
「笑いが止まらないくらい安いよ」と聞かされていたので内心ドキワク。

e0086905_9272381.jpg
私が住んでいる街から車で走ること30分。
途中でリスが駆け抜けちゃうくらいの田舎に突入。
見えてきた見えてきた。。。


この八百屋さん、とにかく安い。
例えば日本でジャガイモって買いますよね。
だいたいジャガイモ1kg買うと250円くらいです。

   ジャガイモ4㎏でなんと1.49ドル

ってことは1kgだと37セント。43円でございます。
こりゃあ笑いが止まらないと言った友人の気持ちも分かる。

だけど難点が1つ。

   量が多い

Pieceで買える野菜もあるけれど、1袋で売っているものもあるのです。
セロリなんて15本くらい入って1ドル。セロリ15本ってどうします?
毎日コーラックのCMみたいに丸かじりします?

どうやらこちらの人はたくさん買ってたくさん作ってたくさん冷凍して
毎日同じものを食べたりしているらしい。
ちょっと賢い人は友人3人くらいで分け合っている様子。

我が家は今日から3日間カレーです。とほほ。


大学生の時駄菓子を箱買いして「大人買いしちゃった~」なんて思っていたけど
こちらは「大人買い」どころの騒ぎじゃない。

   アメリカ買いしちゃった~

なのです。

e0086905_931074.jpg
ちなみにこれだけ買って15ドル。
やめられまへんなぁ。。。
[PR]
# by wind-of-Michigan | 2005-10-25 09:23 | 日常

友だち

今日はアメリカで初めてできた友だちに誘われてテニスやってきました。
テニスは散々だったけど感じたことが1つ。

   友だちって本当にいいもんですね

どこかの映画評論家みたいだけど、私はいたって真面目です。

アメリカに来てそろそろ1ヶ月。
その大半を1人でアパートに引きこもってました。頭にキノコ生えてました。
そんな私には今日の出来事は楽しくてしょうがなかったんです。

思い返してみると友だちには恵まれた人生だった(って今にも死にそうなコメント)。
高校・大学・会社の友だちは私にとって掛け替えのない最高の人たちばかり。

私にこっちで友だちができたことを心から喜んでくれて、
あまりに嬉しくて、テンション上がっちゃって、どうしようもなくなっちゃって、

   裸でどじょうすくいやっちゃうくらい

Greatな友だちばかりなのです。

アメリカでできた友だちも、いつか日本に帰ったとき「最高だったな」と思えるような
そんな付き合いができればいいなと思ってます。

e0086905_9544440.jpg
←もうすでに紅葉してます。寒い。。。
[PR]
# by wind-of-Michigan | 2005-10-22 03:19 | 考えたこと

命がけのドライブ

そろそろ車を購入しようと思っています。
日本にいる時から乗りたいなぁと思っていた車を思い切って。
日本よりちょっとだけ安いからこの機会に乗っておこうってな訳です。

それよりも気になることが一つ。

   車の運転できるんかいな?

そう。アメリカは車社会。
高速は日本と違ってタダなので、みんな使いまくり。
しかも制限速度は70マイル(110kmくらい)。かなり命がけです。

電車は一応あるけど駅が遠い、
   ってか場所知らない。

バスも一応あるけど時間通り来ない、
   ってか時刻表がそもそもない。

タクシーも一応あるけど値段が高いから乗らない、
   ってか田舎だからあまり見かけない。

そんなこんなで車で移動するしかないわけです。
日本では仕事の関係上車をブンブン乗り回していた私でしたが、さすがに勝手が違う!
左ハンドル・右車線で訳分からん状態。

そんな私がとうとう1人で運転する機会がやって来た・・・!

エンジンをかけて、快調なすべりだし。
早朝だったためまわりに車がいなくて気分爽快。
朝日をバックに爽やかな音楽なんかかけちゃったりして。

   ん~、最高!

油断したのがいけなかった・・・。

   「ぶーーーーーー!!」

ぎゃあ!対向車がこっちにくるー!このままだと正面衝突ー!死ぬー!

   「ききぃーー!」

ふう。。。間一髪よけました。心臓止まりそう・・・。

まわりに車がいなかったことと、あまりの爽快さに我を忘れたことが影響したようです。
どうやら左車線を快調に飛ばしていた様子。お相手の方ほんとすいません。

さすがに最近は左車線を走ることは無くなったけれど、
まだまだアメリカの車のルールにはついていけない。

こんなんで車買っても良いんかな・・・。
[PR]
# by wind-of-Michigan | 2005-10-21 00:47 | 日常

日記をつける

アメリカに来てそろそろ1ヶ月。
いつかはやってやろうと心に決めていたブログを始めようと重い腰を上げることとします。

日記って何だか昔から苦手でした。みなさんはどうですか?
自分の気持ちを言葉にすると、なんだかそれが純粋な気持ちではなく
ただの紙上での表現になってしまう気がするのです。
誰も読むはず無いのに変に格好をつけてしまったり。ぷ。

     こんな私がなぜブログ?

アメリカ出発前、部屋の整理をしている時に一時期だけつけていた日記を発見。
掃除そっちのけで読みふけると、当時の考えや感情なんかを思い出すことができました。

     「日記ってええなぁ~」  

例えそこにちょっとした脚色や正直ではない気持ちが書かれていたとしても、
懐かしく読みふけるには十分なものでした。

単純だと思うけれどこれがブログ開始の動機。
いつかこのブログを読み返して、こんなこともあったなぁと感慨にふけるのもいとおかし。
毎日とはいかないだろうけど可能な限り書き続けていこうと思います。


ちなみに一時期つけていた日記は大学1年のころの日記。懐かしい。
[PR]
# by wind-of-Michigan | 2005-10-18 23:26 | 日常