666

今日は2006年6月6日。
そう。オーメンです。

昨日風邪の体を押して友人のアメリカ人に会いに行きました。
それまで元気に話していたのに、急に真面目な顔をしてヒソヒソ話を始める彼女。
「明日は666だ。恐い。学校も休講になっているクラスがある。」とのコト。

彼女を含め、彼女のまわりのキリスト教信者は666を非常に恐れているらしい。
666とは聖書のヨハネの黙示録に登場する、頭が7つ・角が10本ある獣のこと。
頭が7つなのに角が10本ってことは、あまり3本か…。まぁ、そんなことはどうでもいいか。

そういう話を聞くと、アメリカ人って信仰深いなぁ~って思ってしまう。
毎週日曜日に教会に行ったり、食事の前にお祈りしたり、クリスマスを祝ったり。
ちょっと自分に置き換えて考えてみよう。

「毎週日曜日に教会に行く」を日本風にすると、「寺に行く」 かな。
毎週日曜日に寺に行く ← 寺は抜け道としてしか使ってないな。

食事の前にお祈り ← 3人兄弟だったので、食卓は戦場だったな(祈ってたら取り分減る)。

クリスマスを日本風にすると お盆 かな
お盆 ← 研究室にいたか仕事してたな。

666を日本風に置き換えると 444 かな。
444 ← 大学時代の友人に4月4日生まれがいたから、みんなとオチョくってたな。

・・・・・・私ってば超無宗教!
ミナサンハ~、カミヲォ~、シンジマスカ~?
by wind-of-michigan | 2006-06-07 07:55 | 考えたこと


<< イタリアの中心で悲劇を嘆く 事件編 復活!! >>